メイン写真

 宮本町公民館 2016


 所在地 :栃木県佐野市宮下町
 用途  :公民館
 構造  :木造在来工法
 規模  :平屋建て
 敷地面積:534.27㎡(191.48坪)
 建築面積:115.92㎡(35.00坪)
 延べ面積: 99.37㎡(30.00坪)
 竣工  :2016年 10月
 施工  :株式会社秀和建設
     (栃木県佐野市)
 写真  :溝口泰史
かつて「石灰の町」として栄えた地域にある小さな公民館の建て替えである。
プロジェクトに参加した時点で間取りを含めたプログラムはほぼ決まっていたので、調整役として仕事をした。
この地域も他と同じように過疎化で町の人口が減っているが、この公民館を中心に夏祭りを開催したり、ここの前庭で近所の人たちがゲートボールをしたりと、まだまだ町の人たちの拠り所として機能していることが分かった。そこで、決まっていたプログラムに二つだけ手を加えさせてもらった。
一つ目は、前庭に面した部分に列柱を建てて屋根を伸ばすこと。そこが夏祭りやゲートボールの休憩場所であったり、小学生の溜まり場であったり、雨宿りの場所であったりと、何気なく使える半屋外の空間として機能することを目指した。
二つ目は、建物に「色」を入れること。周辺には白い石灰の影響か「色」があまりなく、ぼやけた印象があったので、建物の外壁には少し明るくどこか懐かしい「あずき色」を用いることで、この建物の周辺がパッと明るくなるようなものを目指した。
決まっていたプログラムにほんの少しの操作をすることで、建物の印象や使い方により良い変化を起こせたと思う。

ページのトップへ戻る
モデルハウスご見学